HOME > 診療科紹介 > 産婦人科 > 生殖補助医療部門(ART)

生殖補助医療部門(ART)

産婦人科

ARTとは・・・

体外受精、顕微授精、凍結胚移植などの生殖補助医療を英語でassisted reproductive technologyといいARTと略します。
ARTといえば芸術、そう精緻な生殖補助医療はまさに芸術です。2013年10月に7階にリニューアルした当院の生殖補助医療部門も、そのままART(エー・アール・ティ)と命名しました。

ARTの設備

ARTの受付:シンプルな外観

手術室:採卵、移植を行うLDR分娩台が2台

培養室:ARTの心臓部で、バイオクリーンルームとなっており、クリーンベンチ2台、胚培養器7台
    顕微授精装置1台、胚凍結タンク5台が稼働

回復室:採卵のあとここで休憩

看護室:助産師、胚培養士が常駐

ARTのスタッフ紹介

長谷川 功
生殖医療専門医

藤田 和之
内視鏡技術認定医

山田 京子
産婦人科専門医

川﨑 万優
認定胚培養士

阿部 紀子
認定胚培養士

ART専属助産師(6名)

助産師、胚培養士はARTに常駐して、注射や採卵・胚移植の介助、胚の培養などを行っています。
治療についてわからない事や不安な事がありましたら、遠慮なくご助産師、胚培養士にご相談下さい。

ARTの成績

体外受精、顕微授精の採卵あたりの年齢群別の継続妊娠率
(妊娠しても流産した例は含まず)

ページの先頭へ