眼科

眼科

特色&取り組み

糖尿病網膜症や難治性網膜硝子体疾患の硝子体手術では、北日本で有数な拠点と位置付けられている。最先端のテクニックを駆使して治療に当たっている。白内障手術(眼内レンズ)や緑内障手術・網膜剥離手術も多い。デジタル画像ファイリングシステムを全国に先駆けて採用し注目を集めている。ロービジョンクリニックも実践している。
年間の手術件数は約1000件。硝子体手術は300件、そのうち半数は難治な増殖糖尿病網膜症である。増殖糖尿病網膜症に対する網膜復位・視力改善を視標とした手術成功率は90%を超えている。視力低下に繋がる糖尿病黄斑症の手術にも積極的で年間60件施行している。網膜静脈閉塞症に伴う虚血性黄斑症に対し世界に先駆けこれまで150件ほどの治療を施行し、視力改善80%、血管再疎通70%の成績を得た。特に血管際疎通に関しては、これまで報告が無く、治療効果が注目されている。白内障手術500件、殆んどが超音波白内障手術+眼内レンズである。バックリングによる網膜剥離手術は年間80件、最終復位率は98%。緑内障手術は年間30件であるが、難治である血管新生緑内障に対しクラスノフ式濾過手術の岩田変法を開発し、1年間眼圧下降成功率70%と好成績を収めている。
自動屈折計、自動眼圧計、角膜内皮細胞測定、動的量的視野計、ハンフリー視野計、前眼部撮影、超音波断層検査装置、眼軸長測定、FAG/ICG造影検査、光凝固装置・YAGレーザー、超音波白内障手術装置、硝子体手術装置、眼内レーザー凝固装置、デジタル画像ファイリングシステム。

眼科外来からのお知らせ

平成30年4月より安藤医師の診察は、毎週木曜日のみとなります。それに伴い、月曜・水曜日の安藤医師の予約の方は、大学医師となります。
ご迷惑をおかけしますが、ご周知のほどよろしくお願いいたします。

済生会新潟第二病院 眼科勉強会

平成8年6月から毎月欠かさずに勉強会を続けています。患者さんとの交流場所と考えています。話題は眼科のことに限らず、何でもありです。誰でも参加出来ます。これまで参加されている方は、患者さん、市民の方、医者、看護師、病院スタッフ、学生、その他興味のある方で約20から30名くらいです。眼科の外来で行いますから、せいぜい5m四方の狭い部屋です。約一時間お話して頂き、その後に30分質疑の時間を取ります。寺子屋的な雰囲気を持った勉強会です。
どなたでも大歓迎です(参加無料、事前登録なし、保険証不要。ただしお茶等のサービスもありません。悪しからず)。
■日時:原則として毎月第2水曜日 16:30~18:00
■場所:済生会新潟第二病院眼科外来

新潟ロービジョン研究会

新潟ロービジョン研究会は、これまで6回(第一回:平成13年4月)行なってきました。当初は、新潟県内の眼科医と視能訓練士を中心に行ってきましたが、次第に参加者の職種は広がり、視覚障害者や家族、盲学校の先生や、眼鏡店の方々も参加するようになり、また参加する地域も拡がり、新潟県外からも多く参加するようになってきました。
新潟ロービジョン研究会2006(第7回に相当)は、7月29日(土)午後、済生会新潟第二病院10階会議室にて行われ、当日参加も含め133名(眼科医20名・視能訓練士60名・その他、患者さんと家族・看護師・医療関係者・眼鏡店関係者・盲学校教師・工学部関係者・学生等; 新潟県内から111名県外から22名)の参加者があり、これまでになく活発な意見が交わされまた。
今回は、研究会前半は医師、視能訓練士の講演、就労・家族についての講演があり、研究会後半のシンポジウムでは、4人の講師を中心に様々なテーマで論議が交わされました。ロービジョンケアはだれがやるべきことなのか?看護師はもっと優しい声掛けが必要では ?視能訓練士など若手の医療関係者はお年寄りとのコミニケーションをとることが不得手ではないか?等々の意見のほか、医師に対する注文もありました。今回の研究会では結論は出ませんでしたが、医者も患者も視能訓練士・看護師も、何でも言える環境でのディスカッションは、明日に繋がると思います。

◆受診について
眼科は紹介状をお持ちの方と予約の方に限定させていただいております。

主な診療内容

■白内障
■緑内障
■角膜疾患
■ぶどう膜炎
■結膜疾患
■眼瞼疾患
■屈折
 ・近視
 ・遠視
 ・乱視
 ・老視
■網膜・硝子体疾患
 ・糖尿病網膜症
 ・網膜剥離
 ・網膜静脈閉塞症
 ・中心性網膜炎
 ・加齢黄斑変性
 ・黄斑円孔 等々

ページの先頭へ