HOME > 診療科紹介 > 倫理審査委員会

倫理審査委員会

倫理審査委員会

当院では、研究者や医師が行うヒトを対象とした研究を審査しています。審査対象は、他施設共同臨床研究、疫学研究、遺伝子解析、医療に関する倫理問題等です。 委員会開催は年10回を予定しており、下記日程で行います。

委員会開催日・申請締切り日

2019年度

4月 5月 6月 7月 8月 9月
開催日
申請締切日
4月23日
4月15日
5月28日
5月20日
6月25日
6月17日
7月23日
7月16日

9月24日
9月17日
10月 11月 12月 1月 2月 3月
開催日
申請締切日
10月29日
10月21日
11月26日
11月18日
12月24日
12月16日

2月25日
2月17日
3月24日
3月16日

承認課題一覧

臨床研究についてのお知らせ(オプトアウト)

当院では、下記の医学研究を実施しています。患者さんの診療情報等を、倫理審査委員会で実施の承認を受けた医学研究のために利用することがあります。
利用に当たっては「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に従い、被験者のプライバシーや人権が守られるように細心の注意を払って実施いたしますが、これらの研究の対象者に該当する可能性のある方で、診療情報等を研究目的に利用または提供することを希望されない場合は、下記PDF内の問い合わせ先にご連絡ください。
尚、同意の有無が今後の治療などに影響することはございません。

申請番号 研究課題名
E19-2 新潟県における検診発見前立腺癌の実態調査
E18-03-2 2018~2019 シーズン 新潟県におけるRSV感染症流行状況
E18-23 消化器内視鏡に関連した偶発症の全国調査
E18-22 好酸球性消化管疾患の自然歴とステロイド治療の後方視的観察研究(幼児―成人好酸球消化管疾患全国疫学調査、二次調査)
E18-18 公的データベース登録ならびに診療各科における既存臨床情報観察研究や他施設共同研究へのデータ提供
E18-17 好酸球関連消化管疾患における治療法確立にむけての研究
E18-15 内視鏡的止血が困難であった大腸憩室出血に対し動脈塞栓術を施行した症例の臨床的検討
E18-13 本邦における若年性子宮体がん妊孕性温存治療についての調査研究
E18-06 前立線針生検の手法別合併症に関する多施設共同研究
E18-04 胞状奇胎の掻爬回数と続発症頻度に関する調査研究
E18-03 2017~2018シーズン新潟県内におけるRSV感染症流行状況に関する研究
E18-02 非小細胞肺癌PD-1阻害剤投与症例における免疫関連有害事象の後方視的研究
E17-28 大腸悪性狭窄における大腸ステントの臨床的検討
E17-27 肝疾患データベースの構築と肝疾患の成因と予後に関する後方視的観察研究
E17-24 シスプラチン含有レジメンに対するshort hydration法の認容性についての検討
E17-22 腎生検施行症例の予後についての後方視的研究
E17-20 腎生検データベースの構築
E17-16 ESBL産生菌血流感染におけるアウトカムに影響する因子の検討:新潟県内多施設共同研究
2017-0216 臍帯、健常小児、健常成人から得られた血清検体におけるモラキセラ菌に対する抗体価の測定

ページの先頭へ