HOME > 病院案内 > ご挨拶

ご挨拶

ご挨拶

院長 本間 照

令和3年4月1日を以て病院長を拝命いたしました本間照でございます。新たな任務に身の引き締まる思いであります。どうぞよろしくお願いいたします。
私は昭和59年に新潟大学医学部を卒業し、消化器病学を専攻しました。当院には平成22年に着任し12年目となります。多くの諸先輩方にご指導頂き、同僚、後輩、職員の方々に支えられてまいりました。また、診療を通して大勢の患者さんやご家族の方々と接し、多くの事を学ばせていただきました。「病気」は、患者さんにとってもご家族にとっても大変な体験です。私たち医療者は、客観的な視点を持って科学的に治療することが求められます。同時に、床に臥す我が子の傍らで一心に看護する親の気持ち「惻隠の心」を忘れず、日々の診療に当たりたいと思います。
当院は、昭和2年に新潟診療所として新潟市田町に開設され、早川町に移転し昭和35年に総合病院となりました。平成3年7月、現在の西区寺地へ移転し今年で30年が経ちます。安心と信頼、そして地域と共に歩むという理念のもとに、時代に合わせて様々な変革を行ってきました。平成28年からは新潟市在宅医療・介護連携ステーション西を受託しています。今後一層加速する超高齢化社会においては、予防医療から終末期医療まで多様なニーズが求められています。他の医療機関や関連施設の方々と協力し合いながら、地域に合った「まちづくり」のお手伝いも私たちの大切な仕事と考えています。患者さん家族との対話はもとより、地域医療支援病院として、医療・保健・福祉・介護施設への情報発信と連携に一層注力してまいります。
94年の歴史のうえに、医療人としてこの成熟した社会へどのように貢献できるのか。「心」ある医療を目指し、「命」を支え、救い、看取ることに、わたしたち職員一同、懸命に努力してまいります。
今後ともどうぞ変わらぬご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。


看護部長 佐藤 志津子

 2021年4月より看護部長に就任いたしました佐藤志津子と申します。私事で恐縮ですが、当院が済生会新潟第二病院として西区に移転した平成3年に入職し、現在に至ります。地域のみなさまの支援により病院の歴史が刻まれると共に、自分自身も成長させていただきました。そして今年度より大役を引継ぎ、重責に身の引き締まる思いで日々を過ごしております。
 済生会は、明治天皇による「済生勅語」によって設立され、「施薬救療の精神」に基づく生活困窮者の救済を使命としています。近年グループ全体で、「済生会人」の育成に力を入れています。済生会人とは、「施薬救療の精神」を理解し、体現する人材です。具体的には、「おもいやり」「協働」「持続的発展」「開拓性と先駆性」「確かな知識と技術」を体現できる人材の育成を目標にしています。
2019年、済生会病院という名称の変更に伴い病院理念も「ともに歩み、支える」となりました。看護師は職員の半数以上を占めます。看護師は済生会理念・病院理念・看護部理念に基づき行動し、多職種や関係機関と連携して看護を提供しております。
今後さらに地域のみなさまに喜んでいただける済生会新潟病院看護部を目指してまいります。

【看護部理念】
利用者の立場に立ち、信頼される看護の発展に努めます。
・看護職者の倫理を守り、仕事に責任をもちます。
・安全で質の高い看護を提供します。
・時代にあった知識と技術を常に探求します。


事務部長 木津 顕

 当院は、「最善の医療提供」「地域の医療機関との連携」「医療人の育成」「あらゆる質の向上」を4本柱に据えて運営を行っています。特に、「地域の医療機関との連携」では、病院と病院、病院と診療所から、病院・在宅・介護の連携といった地域包括ケアシステムの構築の中核を担っています。更に、済生会は福祉の視点を含めたシステム構築のかじ取り役となることが求められています。
 また、済生会は社会福祉法人として、安心して暮らせる社会に向け、病院のみならず地域の保健や福祉を支える役割があります。行政機関を始めとした関係機関と積極的にコミュニケーションを図り、ニーズを把握し、地域に根差した活動を行うことが重要です。
 超高齢化社会・人口減少社会に突入するとともに変動性、不確実性、複雑性、曖昧性が高く先の見えない時代です。多様な価値観へ柔軟に対応し、関係機関と協働した新たな価値の創造に努めてまいります。社会環境の変化に適応する中には、病院の職員にとって働きやすい環境をつくることも重要です。働く職員の満足度を大切にすることが、高いモティベーションの維持に繋がり、安心安全な医療の提供が可能になります。
 当院は平成3年に現在の地に移転し、26年が経過いたしました。前身となる新潟診療所が開所(1927年)し、90年が経過いたします。その歴史の重みを大切にし、積極的に地域貢献に取り組んでまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ