HOME > 病院案内 > ご挨拶

ご挨拶

ご挨拶

院長 吉田 俊明

当院は社会福祉法人、急性期病院、そして教育病院の3つの顔を持っています。
 社会福祉法人 済生会は社会的に恵まれない方々の医療・福祉に積極的に取り組むことを使命とする団体です。行政の援助から漏れてしまう方々に対しても済生会は医療・福祉サービスを充実させていますので、遠慮せずに当院の医療相談室にお声がけください。
 当院に求められている最も大きな役割は地域住民の皆さんの医療を担うことです。当院は地域医療支援病院であり、地域の医療施設と緊密な連携をとりながら急性期病院として質の高い医療活動を行っています。各診療科では高い専門性を発揮した治療を行ない、病状が安定したら地域の診療施設に紹介する「地域完結型」の治療を目指しています。
 当院は臨床研修指定病院として臨床研修医の教育指導を行っています。研修意欲に満ちた若い医師が多数働いており、病院の活気をみなぎらせる原動力となっています。このことは患者さんにとっても有益なことと考えます。指導医・当院職員のみならず、患者さん・地域の皆さんからも研修医を育てていただければ幸いです。


看護部長 古俣ひろみ

当院は、社会福祉法人恩賜財団済生会として、恵まれない方々に医療を提供すること、そして、地域医療支援病院として、地域住民の方々の医療を担うことを使命としている病院です。
その中で看護部は、

『看護部理念』
1.対象者の立場に立った看護を提供
2.看護師の倫理を守り、仕事に責任をもつ
3.時代にあった知識と技術を常に提供する

を定め、自ら考え、自ら判断し、自ら行動し、結果に責任をもつ看護師の育成に努めております。
社会情勢の変化や医療の高度化など激動の時代を迎えていますが、看護師の本来の姿である、「患者さんのための看護師」であることを肝に銘じ、利用者さん(患者さん)により良い医療・看護サービスが提供できるよう、看護部の組織運営を強化していきたいと思っております


事務部長 木津 顕

 当院は、「最善の医療提供」「地域の医療機関との連携」「医療人の育成」「あらゆる質の向上」を4本柱に据えて運営を行っています。特に、「地域の医療機関との連携」では、病院と病院、病院と診療所から、病院・在宅・介護の連携といった地域包括ケアシステムの構築の中核を担っています。更に、済生会は福祉の視点を含めたシステム構築のかじ取り役となることが求められています。
 また、済生会は社会福祉法人として、安心して暮らせる社会に向け、病院のみならず地域の保健や福祉を支える役割があります。行政機関を始めとした関係機関と積極的にコミュニケーションを図り、ニーズを把握し、地域に根差した活動を行うことが重要です。
 超高齢化社会・人口減少社会に突入するとともに変動性、不確実性、複雑性、曖昧性が高く先の見えない時代です。多様な価値観へ柔軟に対応し、関係機関と協働した新たな価値の創造に努めてまいります。社会環境の変化に適応する中には、病院の職員にとって働きやすい環境をつくることも重要です。働く職員の満足度を大切にすることが、高いモティベーションの維持に繋がり、安心安全な医療の提供が可能になります。
 当院は平成3年に現在の地に移転し、26年が経過いたしました。前身となる新潟診療所が開所(1927年)し、90年が経過いたします。その歴史の重みを大切にし、積極的に地域貢献に取り組んでまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ