テーマ

コロナ禍での医療・介護と連携

会期

2021年9月11日(土)13:00開始

開催形式

WEB開催 Zoomを使ってのLive配信形式

学術集会会長

済生会新潟病院 院長 本間 照

プログラム

【基調講演】
「オンライン医療の原状と展望」

■講演者
稲生 優海(いのお ゆみ)
株式会社メドレー 事業連携推進室 / 医師・医学博士

<プロフィール>
2009年横浜市立大学医学部卒業。
初期臨床研修後、消化器内科医として臨床業務に従事。
2018年横浜市立大学大学院医学研究科卒業。
同年、ヤンセンファーマ株式会社に就職し、臨床開発業務に従事。
2020年より現職。

【シンポジウム】
コロナ禍で注目されているオンライン診療について県内施設からの事例報告
①山谷 春喜 氏 (山谷クリニック)
②長谷川 美樹 氏 (にいがた乳腺クリニック)
③中島 志保 氏 (県立がんセンター新潟病院)
④髙田 正典 氏 (日本歯科大学 在宅ケア新潟クリニック)
⑤斎川 克之 氏 (新潟市医師会)

【一般演題】

「MSWの働き方改革~記録業務の効率化の試み~」
新潟市民病院 木村 望 氏

「地域から始まる入退院支援 地域包括支援センターとの連携で、切れ目のない転院・在宅調整が実現した事例」
長岡赤十字病院 小林 陽子 氏

「在宅療養支援の実施に向けた体制の整備」
済生会三条病院 藤井 優子 氏

「倫理コンサルテーションチームの活動報告」
済生会三条病院 治田 貴大 氏

「訪問歯科診療実施施設において、COVID-19の集団感染が確認された事例」
日本歯科大学新潟病院 白野 美和 氏

「当院のCOVID-19治療薬の管理・情報提供体制」
済生会新潟病院 須佐 充 氏

事前参加登録制

事前参加登録後、当日のZoomのURLと参加証(PDF版)をメールにてご案内いたします。

参加登録兼一般演題参加申込書をご提出いただき、参加費の振込の確認がとれた方に会議参加用のURLを送付します。他者へのURL転送はご遠慮ください。

抄録集(PDF版)と参加URLは、9月3日(金)にメールにて送付いたします。

登録期間 事前登録の申込みは締切りました
参加費 1,000円
登録方法 メールにて申込用紙をご提出ください。
申込用紙はこちら(Word)

 

【振込先】
銀行名 :第四北越銀行 小針が丘支店
口座名義:日本医療マネジメント学会 新潟県支部 支部長 本間 照
口座番号:5019692

協賛企業

お問い合せ

第11回学術集会事務局
済生会新潟病院総務課 簱・吉川
TEL:025-233-6161/FAX:025-233-8880
E-mail:jhm-niigata@ngt.saiseikai.or.jp